スマホ ー 其の3

前回なんとなく日本のスマホディスる的な内容になってしまったが、まあほどほどに。

retro-dude.hatenablog.com

関心はワシの新機種をどれにするか、である。

すでに触れたように高額機種には興味もないしお金もないが、やっぱり消費者心理としては『コストパフォーマンスのいいもの』を中心として探すことになる。 それが候補としてあげたいくつかの機種で、どうもこちらの貨幣で€300~400くらいの商戦が熱い。

日本の携帯市場のような縛り(機種変更とか分割残高とか対応周波数とか)が自分の契約にはないので、携帯キャリアの契約とは別に好きなところ(店)から好きなものを選んで買って、SIMカードを入れ直せばいい。

でも、ある機種に目をつけてもAmazonとAliExpressとその他いろいろ値段が違う。必ずしも同じ店がすべての機種で安い、或いは高いわけでもない。 それぞれ得意不得手がある。 なので、何をどこから買うのかで結構損得がでる。ザ・自由競争。

 

で、決定した。

POCO F3 (Xiaomi)  8GB / 256GB モデル 月光銀色カラー

f:id:retro-dude:20220114234046j:plain

f:id:retro-dude:20220114235748p:plain

よく見たら本体税抜き€300以下だ。で、20%の付加価値税込で€330 !

こちらからみたら消費税10%なんて年末赤字決算出血大セールみたいなもんだ。

結局Xiaomiのホームページから購入するのが一番安かった。不思議。近くニューモデルでもでるのかしら。まあいいけど。

OnePlus Nord2, Samsung A52s はもうちょっと高かった。Mi 11 Lite 5G NE は少し安かったんだが、なんとなくPOCOにしてしまった。8G256G だし。

同じXiaomiなんだけど独特のマーケティング戦略にひっかかってしまった感じ。

OnePlusもそうだけど中華メーカー、色々うまくやってるなあと思います。次から次と良いものがでてくる、ストーリーがある。(最近のOnePlusのストーリーは必ずしもポジティブなものではないけれど)

www.gizmodo.jp

よくプロモーションビデオなんかにプロダクトマネージャーとかが出演してるけど、総じて若い人がガンバっている感じで、ハッキリ言って好感がもてる。

 

それにくらべてなあ、日本のメーカーときたらなあ・・・。

若い人のハツラツとしたストーリーじゃなくて色褪せたオッサンのポエムで実の無いもの売ろうとしてもねえ。ポツリ。

 

 

 

 

 

 

屍臭がする

いきなりドキッとする漢字だが、

どうも何日か前からか家の中で臭うのである。

これはもしかしたら何かの予兆、前兆、そういう類のものかもと、ふと考えたりもした。

が、心当たりは特にない。(いや実は結構あったりするが、それは後述)

ひょっとするとここ数日の間にどこかの誰かがワシの目を盗んで誰かの遺体を我が家の中にひっそりと遺棄していった可能性もある、ないか。

 

しかしよくよく検分してみるとどうも玄関まわりでの異臭が強いようである。

この家の玄関は建物の一番低いところに位置している。玄関から階段を登って、その他の部屋に行くようになっている。 おまけに玄関の隣にはドア一枚をはさんでガレージが位置している。

なので、時々玄関まわりは臭うことがあった。いわゆる下水系の匂いだ。

だから今回も最初はまたそんな匂いが玄関まわりに滞留しているのかな、とも思った。

しかし、やはり、今回のこの匂いは屍臭、あるいは腐臭ともいうべき異臭だ。

 

なんて、前置きを長々と書いてしまったが、だいたい原因の見当はついていた。

コイツだ。

f:id:retro-dude:20220114055933j:plain

コイツが外から小鳥やらネズミやらを捕まえては、家に持ち込んでくる。

特にキャットフラップ(ネコデモドアとでも訳そうか)を導入してから完全24hr出入り自由になったので、人間が寝静まった時を狙って持ち込んでくる。

朝起きたときに部屋に横たわるネズミの死体を何度見ただろう。時にはまだ生きていて部屋のなかをふらついていることもある。

なので、玄関まわりでこの屍臭とも言うべき異臭をを嗅いだときにはなんとなく見当がついていたのだ。

家のすぐ裏手が山になっているので、ネズミと言ってもいわゆるドブネズミ系ではなく、山の中でひっそりと暮らして、ミミズや昆虫を捕食している(想像だが)ようなちっこいヤツだ。よくよく見ると鼻先が妙に細長く、そこだけみればいっそのことモグラのようでもある。

で、玄関付近をくまなく捜索すると出てきた出てきた、なんと靴磨きなどを入れてある小型家具の中から2匹の半壊した屍体が。 

あー臭い、きれいに掃除した後でもまだ臭うよ。

スマホ ー 其の2

さて、前回のつづき。

以下を候補として選んだ。

1枠)Oneplus Nord 2

2枠)Xiaomi Poco F3

3枠)Xiaomi 11 Lite 5G NE

4枠)Samsung A52s 5G

Apple製品は値段が高いのと、スマートウォッチ、パソコン等 Appleエコシステムに興味がないので、除外。

Androidも値段が高いのは除外。選択肢に入れたのは€300~400のレンジだけど、もちろんもっと安いのもあります。が、この所謂ミドルレンジと言われる価格帯がやっぱりお買い得感がある。ハイエンドに近い性能が半分の価格で手に入る、みたいな。

これって携帯ブランドの思惑どうり!の消費者心理の術中に完全にはまっているということかな。 まあ仕方ない。

で、注目は3/4が中華製、1/4がサムスン韓国ブランド、という事実ですな。

 

気になったので調べてみると、最近の世界中のマーケットシェアはざっくり言って

1.5割アップル、2割弱サムスン、3割強以上有名中華メーカー、残り多数、という勢力図のようです。出荷台数ベースだと全世界で14〜15億台前後。

翻って日本では

4割強アップル、1割強京セラ、1割強ソニー、1割弱シャープ、1割弱サムスン、残り他。 てな具合。出荷台数で言えば3千万台程度。

と、全然違う。 むむむ。 日本製品は日本国内においてはガンバってる、ともいえそうだが。ソニーを除いては日本メーカーは海外ではほぼ売れてない(或いは売っていない)から(まあソニーもほとんど売れてませんが)、上記から逆算すると各社製造台数は海外メジャーメーカーの1/100程度な訳ね。

スマホ半導体製造はおそらくスケールメリットの恩恵を最も受ける業界であろうか。その中で日本メーカーは海外ブランドの1/100程度のビジネス規模での経営を強いられている、ということ。なので海外ブランドと比べて競争力のある機種はもう出てこないんじゃないですかね。圧倒的にR&Dに費やせるコスト、マーケティング費用などなどもうスケールが違いすぎるわけですから。

でもまだ日本メーカーが3割以上のシェアを持ってるというのは、日本の携帯業界が通信周波数帯、技適制度、日本独自おサイフ携帯技術、などの参入障壁を意図的に作り上げているからでしょうが、いつまでもつのかなあ。これらの参入障壁って消費者の為には何ひとつ良いことないわけだし。

まあソニースマホ本体よりスマホに搭載されているイメージセンサーの世界シェアが非常に高いらしいから、問題ナシなのかもしれないが。

 

あら、ワシのスマホ購入の話なのに完全に脱線してしまった。

長くなったのでまたつづき。

 

 

 

 

スマホ

以前、Lineage OS 入れた、という記事を載せたが、もう1年以上前なのね。

retro-dude.hatenablog.com

で、そのスマホHuawei であるがバッテリーがもたなくなってしまった。一日はもたない。一日に何回か充電し直す。 面倒くさい。

容量も限界。16GBはもう何も新しいアプリは入らない。SDカードにアプリを入れようと思ったんだけど、どうもうまく行かない。

で、もういいや、新しいのに交換することにした。

もともと奥様のお下がりとしてもらったんだけど、2017年から4年以上経過しているのでもういいか、と。

 

それで今候補を鋭意検討中ということです。アップル製品は高いのとアップルエコシステムには興味がナイのでアンドロイド一択だが、それにしても選択肢がありすぎる。

 

現在EU圏在住なので金額にすると€300前後の予算で検討してますが、まあ金額によらず選択肢の多いこと。 頭が痛くなります。 目をつむってエイヤっとポチっても良いのだけど、そこは性格からしてじっくり検討してしまう。(だけど、そのプロセスが楽しい。)

 

ウェブ記事などをダーッと読みあらし、YouTubeレビューもウワーッと見てみる。 すると頭の良い(あるいは悪いのか)Googleが同じ類のウェブ記事やYouTubeのオススメをすかさず次から次へとよこしてくる。おかげでこの数日であっという間にスマホマーケットに詳しい人(自称)になってしまった。

そのスマホに詳しい人(自称)のワタシが選びだした最終候補リストは次のとおり(順不同)。

1枠)Oneplus Nord 2

2枠)Xiaomi Poco F3

3枠)Xiaomi 11 Lite 5G NE

4枠)Samsung A52s 5G

いづれもこちらでは€300ー€400のあいだで購入できます。

Google Pixelシリーズが抜けてますが、どうもEU圏は割高設定なので今回は割愛。

長くなっちゃったので、つづきにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

KubuntuからManjaroへ

あー、また『この広告は90日以上更新されていない場合に表示しています』ってヤツがでてきた。 

何度も思うがブログの更新はムツカシイ。

今年はソコを重点的にカイゼンしていきたいと思う。

 

さてX230iだがKubuntu に飽きた、のでOSを入れ替えてみた。

デスクトップはKDEだから大した差はないはず、と思っていたのだが、

Kubuntu、どうもモッサリした動きであまりうれしくない。

以前使ったことがある Manjaro の使用感が良かったので、再び試すことにした。

で、なぜだかデータ用として入れてあるHDDを認識してくれず(USB Live ではキチッと認識できるのに)HDD差してあると、起動すらできない状態に。

Grub2の問題かとも思ったがそうではないらしい。面倒くさいので一旦諦めて、mSATAだけで運用することにした(問題の先延ばし、得意だ。)

で、問題なく運用開始。apt, apt-get じゃあなくて pacman とか、年寄りには頭の運動になるねえ。

やっぱり同じKDEなんだけど、Manjaroの方がキビキビ動いてくれるような(錯覚かしら)。

 

アシヤ・ラヂヲからのX230i 

先程までインターネットラジオでアシヤ・ラヂヲ というのを見つけて聞いていた。

この時間(日本時間夜8時過ぎ)はなかなか渋いジャズの選曲で聴かせてくれる。ウェス・モンゴメリ風のが結構あったような。(曲名わからないんだよね、ウェブサイトで紹介してくれると助かるんだけど)でも、いいチャンネル見つけて喜んでます。

で、曲のはざまに女性DJ の方の本の紹介のようなコーナーがあって、そこで取り上げられていたのが、モチヅキなんとかさんの ”2025年人は買い物しなくなる” とかいう本の紹介。

AIで5GでVRが発達するともう従来の買い物体験からはかけ離れた世界になる、というような内容だったのだが。 『もう商品を欲しいと感じる前に商品が届くようになる!』なんて事もおっしゃられてましたが、オイオイ、すごい世界だな。 欲しくないのに届いちゃうのかい?

たしかにアマゾンエコーは24時間声の監視をしていて、サブスク全盛なのでもう勝手に商品届いちゃう。やれやれ。

まあ、必需品だけど買い物するのが厄介、と思うような場合はいいかもね。

 

でもね、これってチョット考えればワシら消費者を利するものでなく、もう完膚無きまでに販売者、つまり利益のことしか考えられんヤツらを利するものであるのは明白な訳です。

そうなるとAIだ5Gだって騒いでいるけど、これはつまり消費者のお金の使いみちが、つまり我々の大切なお財布の紐を企業にますますもって握られていくことなのですなあ。 あー、怖。

でも、最後の締めに『もっと知りたい人は実際に本を手にとって読んでみてくださーい』って、そこはハード押しなんですね。(笑)

 

*****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/ *****/

X230i を少し前 (いや、だいぶ前か)に手に入れた、安かった。3000円くらいだったと思う。


x230はIvy bridge 世代のThinkpadシリーズだが、そのなかでもX230i は廉価グレードのCPUが載っている機種で大抵はCore i3がCPUとして選択されている。

が、今回手に入れたのはなんとCeleron CPUバージョンだ。 だから安かった、みたい・・・。 

Celeron 877というCPU, 調べるとSandy bridge世代ということなので、X230でもCPUは1世代前のものが付いているということになる。 ThinkpadThinkpadでも本当に廉価版を売りたかった、ということかな。
が、ほぼ満容量の9セルバッテリーが付いていて、これが欲しかった。だって9セルバッテリーだけで元が取れちゃう。
おまけに手にしてみたら非常にきれい、キーボードなど全く持って使用感ゼロ、おまけにディスプレイはIPS。これって当初の設計どうりの装備なんだろうか、CPUと比べるとなんともチグハグな感じもする。だがお買い得感満載の買い物ではあった。

 

で、問題はこのCeleron 877というCPUがどの程度の性能なのかということ。まあ、バッテリー目当ての買い物なので、万が一使い物にならなくてもそれ程気にはならないのだが。このバッテリーはX220にも使えるらしいし。 

で、しばらくの間 Zorin OSとChrome OS のデュアルブートで遊んでみた。(Chrome OSはbranch projectというのがあって、あとづけでもPCにインストールできます)

Chrome OSのインストール手順などもブログにまとめて置きたかったのだが、あっという間に使うのをやめてしまった。  おそらくCPUが遅いからなのだろうけど、いろいろな場面でモタモタして使いにくいのなんの。これはZorin OSも同じ。 Youtubeなど一つのアプリで一回走り始めれば問題ないのだけど、アプリ間移動したり、なにかアクションを加えるたびにワンテンポもツーテンポも遅れるのが、堪らない。

で、結局、自然と使用頻度が減ってしまった。

でもそれでは残念なので、Core-i5 のついたマザボをこれまた3,000円くらいで買ってしまった。 今はそれに入れ替えて、Kubuntu を入れて使ってます。(Chrome OSはもうやめた。)

今回はそのX230iで書いています。 うん、使いやすいです。  膝の上に乗せても気にならない重さ。

 

安モノ買いのゼニ失い、の一例って事で。これもなんかのAIの仕業で買わされてるのかなあ?

 

とりあえず

あららら、

うっかりしてたら前回の投稿は220日前だという。

月日の経つスピードときたら速いこと、、、。 投稿など一つもしないうちに世相がすっかり激変してしまった。

それにしてもブログとは本当に続けるのが大変。 世の人達はどうして続けていけるのでしょうか?   自分は駄文を書き連ねることに辟易してしまうのだ。

まあ、ある程度予期していた事なのだが。 それ故、当ブログはテーマを絞ったのだが。 まあ難しいね。

 

今回の文は Thinkpad T430 で書いている。

安定のLinux Mintで動かしているが、一応Windows10とデュアルブートにしている。

が、もうWindowsは殆ど起動していない。 一旦そうなると、いざ起動してみるとWindows アップデート地獄に陥るので、ますます起動しなくなる。

まあWindowsが必要なソフトウェアをあまり使っていない事の裏返しでもあるね。

 

このT430、いまのところワシの周辺では一番パワフルな機種 (core i7だし)で気に入っているのだが、ソファに座って膝の上にのせて使うにはチョット重いね。

最近、そのスタイルでしかPCを使っていないので、そこがちょっと面倒。